愛知県蒲郡市三谷町にある社会福祉法人楽笑は、障がいを持った方でも、そうでもない方でも好きな地域で暮らし続け、地域の人と共に生きられるような普通の社会の実現を目指し活動しています。障がい者福祉・まちづくり・就労継続支援B型・居宅介護・相談支援・採用情報はコチラ。

VISION ビジョン

経営理念

SHINKAをしめ。
SHINKAをえ。

Enjoy SHINKA, Laugh SHINKA.

基本方針

・一人ひとりの未来を想像し、新しい価値を共創する。【新化】
・仲間と共に経験し、仲間と共に学び続け大きく成長する。【進化】
・様々なケースに対応できる、質の高い支援力を追求する。【深化】
・誰もが共に生きる社会を普遍的なものにする。【真価】
・心に感じる喜びと豊かさを共に分かち合う縁を構築する。【心価】

代表挨拶 Presidents greeting

小田泰久 特定非営利活動法人 楽笑 理事長

もともと理系だった私は「福祉」や「まちづくり」とはまったくの疎遠でした。今から約15年前、産まれた私の姪がそのきっかけをくれました。人里離れた場所ではなく、隣近所と付き合いがあるような場所で姪が暮らせるような場所が欲しい。その想いがすべての出発点でした。
2006年、福祉事業所を三谷町で立ち上げようと動き始めたとき、思わぬ大きな壁にぶつかりました。地域住民の反対です。障がい者の理解が遥かに乏しかったのも理由としてありますが、私自身、自分の事、障がいのある方の事だけを考えて動いていたことが理由として挙げられます。
この街は三谷町。昔ながらの漁師町で300年以上続く三谷祭という伝統文化が受け継がれる街。地域の特性を活かし、抱えている課題を一緒に考えなければ認めてくれない。そこでまちづくりのエッセンスを障害者福祉にマッチングし、私益でもなく、共益でもなく、公益でなければこの街では認めて頂けない。
楽笑の想いにもある「3方良し」の考えを地域住民の方に教えて頂きました。今後も地域の方と共に、三谷に関わる全ての人と関係する産業や歴史、文化を考え、障がいのある方も子供もご高齢の方も暮らしやすく、豊かな地域づくりが出来る様、邁進して参りますので、今後ともご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。